SFAやCRMとの違いは?

SFAとはどんなものなのか

SFAとは、各々の営業担当者が保有している情報を記録できるものです。ちなみに、情報とは顧客だけでなく過去に実施した取引やこれから行う営業活動などを指します。営業担当が別の人間の情報を把握できるようになり、ビジネスがしやすくなります。さらに、営業部がSFAを使えば顧客の獲得や取引を行う際に便利です。というのも、顧客獲得に関する状況が把握できるので行動しやすくなるためです。情報が互いにわかるので適切に動けるようになり、取引成立の確率が高まります。

つまり、売上を得る機会が増えるので結果的に会社にメリットをもたらすのです。SFAは営業の人間がそれぞれ持つ情報を繋ぎ合わせ、個々の活動を向上させるだけでなく企業にも恩恵を与えます。

CRMとは一体どんなものか

CRMとは、企業が顧客との繋がりを維持するための手段です。製品やサービスを一度利用してもらった際は、繋がりを持ち続けていきます。そして、再び製品やサービスを使ってもらえば利益が増えるチャンスに恵まれます。すると、顧客に対してどのようなニーズがあるのかを調べなければなりません。この時、CRMを利用すれば顧客に関する情報をもとに何を求めているのかがわかります。すると、ニーズに対応した製品やサービスの提供が行えるようになるのです。顧客が要求するニーズを適切に把握できるので利益を手に入れる機会が増え、企業にとってプラスとなります。このように、CRMを使えば顧客の情報が判明するのでビジネスがやり易くなっていきます。

© Copyright Marketing Automation Platform. All Rights Reserved.