見込み客もしっかりつかめる!

見込み客を放置しているかも?

マーケティングオートメーションを導入するメリットとして、見込み客の把握と獲得が容易になることが挙げられます。従来の方法では、どのような人(法人)がどういう目的で何を求めているか、漠然としていたために放置したり見当違いの営業をかけたりすることが少なくありませんでした。自社と何らかの接点をもった顧客候補がいても、情報管理が上手くいっていなかったのです。

営業マンと直接に話している人ならまだしも、インターネット上で接触するだけの人は特に見逃しがちです。Webから引き出した情報をどう活用すればいいのか、正直よくわからなかったという企業もあるかもしれません。しかし、自社の商品やサービスに興味を抱いてWebサイトを訪問している人には、こちらからアクションを起こす必要があります。他社に目を向けてしまう前に積極的にアプローチしましょう。マーケティングオートメションがその手助けをします。

マーケティングオートメーションを活用すると

マーケティングオートメーションのソフトを導入することで、さまざまなことが可能になります。たとえば、メールマガジンを定期的に発行して配信すること。Webサイトの内容と訪問客の数や問い合わせの数などを検討し、より集客可能性の高いメディアへと成長させること。オウンドメディアによる集客が効果的なこともあれば、SNSによる情報発信が功を奏することもありますから、商品・サービスの内容によって使い分けることもできます。

顧客をその属性や興味によって分類、データベース化することも可能です。顧客に宛ててメールを配信する際は複数の種類を準備し、顧客の求める商品によって最適な内容のメールを選択して送ると一層効果が期待できます。なお、顧客から返ってくる反応はフィードバックし、今後のWebサイトに反映させるようにしましょう。

© Copyright Marketing Automation Platform. All Rights Reserved.